SILVER TOOLS

” LIFE IS A CANVAS “

2019.01.10 Thursday

 

 

 

CANVASには2つの捉え方があり、一つは素材としての帆布(キャンバス)、そしてもう一つは絵を描くキャンバスという意味があります。

 

自分自身で使って出す色をコンセプトに、「LIFE IS A CANVAS」で使用する帆布は白(生成り)としました。

 

わたしは個人的に、帆布本来の色は白(生成り)だと思っています。

 

もちろん雨が降れば濡れますし、汚れだって付きます。

 

大体の人が多いに気にする部分だとも思います。

 

ですが、昔のBELLSYSTEMなどヘヴィーキャンバスのツールバッグが汚れてボロボロになっても魅力的なのは、長い年月を過ごし耐えてきた凄みが伝わってくるからだと思います。

 

SILVERでは、たとえオーバースペックになっても頑丈な帆布を使用します。

 

そして、使用を続けた時の経年変化を想定しながらデザインにフィードバックし、丈夫で長く使用できるモノづくりを行います。

 

The First Bag ” SLOPE TOTE “

2019.01.01 Tuesday

 

かれこれ5年ほど前、一番最初に製作したバッグがこのSLOPE TOTEです。

 

このバッグは最も試作を繰り返した随分思い入れのあるバッグです。

 

代表的なLLビーンのトートバッグほどシンプルで洗練されていなくても、コンセプトであるツールバッグの仕様を兼ね添え、かつ丈夫で使いやすくありたいという思いを最大限込めています。

 

脇の継ぎ目を無くしたのも丈夫にするためです。

 

傾斜ポケットは、どちらかといえば手の入るギリギリのサイズ感ですが、バッグ本体のサイズを考えるとこれ以上大きくできないので、縫製時にあえて緩みを加えています。

 

取っ手部分の浮きは、傘など長いものを差し込むことができます。

 

 

しかし、この度のショップオープンに伴ってこれまでの仕様を変更した部分もあります。

 

まずは、取っ手のレザーカバーを無くしてオプションとしました。

 

これは、自身で外観のシンプルさという面でどこか引っかかっていたからです。

 

そして、前後のポケットが同じ仕様だったものを、片面のみ中心の継ぎを無くして少しでも大きなモノが入るようにしました。

 

これに伴い、内部ポケットも片方は大きくなりました。

 

前後のポケットが対称ではなくなりましたが、これはこれで使い方が広がって面白いかなと思います。

 

 

繰り返し同じものを何度も何度も作っていると、ようやく見えてくることがあります。

 

そして、より多くのお客様に使っていただきご意見いただくと、ハッと気付くことがあります。

 

SILVERの商品は、前触れなく仕様を変更することがありますが、その時点での最善と考えての仕様変更です。

 

 

何卒ご了承くださいませ。

 

 

 

Cross Thread Leather Handle

2018.12.23 Sunday

 

SLOPE TOTEとSLOPE BOSTON用の取っ手カバーをタンニン鞣しのレザーで後付キットとして販売します。

 

靴ひもの要領で、クロスさせながら糸を穴に通していきます。

 

最後に少しずつ絞りながら、余りをカットして完成です。

 

使用している糸は、市販されているタコ糸ですので取り換えも可能です。

 

経年変化によりレザーは、あめ色に変化していきます。

 

 

 

tool tool tool ” BUD “

2018.12.07 Friday

頭の中はいつもツールバッグのことばかりではないけれど、

 

その大胆なフォルムを、どこかで見つけたときは静かに心躍らせます。

 

普段あまりモノを持ち歩かない自分にとって、作業で使う道具やあれこれを、いかにどうして使いやすく収納しておくかはかなり重要です。

 

形にしてみると、4号帆布と6号帆布の違いは大きく出ます。

 

 

 

 

 

Tool Bucket ” CHARLIE “

2018.12.04 Tuesday

 

電気工事士のバケツ型ツールバッグを使いやすいサイズ感に修正し、内部に収納を追加しました。

 

実際に使っているハサミ、トンカチ、定規、ペンチなど十分に入る容量です。

 

バッグ底は6号帆布を2重に、さらに2.5cm幅の平テープをクロスさせて補強を加えました。

 

太ロープを本体の口部分に入れていることで、工具入れとして使用する際は中身が一目瞭然で道具の出し入れが大変しやすいです。

ただ、どうしても普段使いで持ち歩くには中身が見えると心配な場合があります。表からは見えませんが、内側にドットボタンを2ヵ所取り付け改善しました。

 

また、取っ手には長さの調整が可能なアジャスターを取り付けています。

 

愛嬌のあるフォルムです。